春の訪れを感じるこの頃。

日中と朝晩の寒暖の差が激しいのこの時期、体調を崩しやすい時期ですね。

特に注意しなければ行けないのが、赤ちゃん。

体温調節機能は大人より未発達で、気温の変化に敏感だそう。

体温調節を行うためには何をしたらいいのか、また具体的な方法についてのお話です。

 

生まれたての赤ちゃんは大人よりまだまだ未発達な部分が多く、

気温の変化と一緒に体温の変化も表れるそうです。

室温、寝具、肌着によっても影響を受けてしまいます。

体温調節機能は大人になり次第発達します。

赤ちゃんは手足に触れるだけでも体温の確認はできますが、

体全体と手足の端では案外体温に差があるそうです。

どこで見分けるかというと、お腹や背中に直接触れ、冷たくなっていれば寒がっているサイン、汗をかいているのであれば暑さを感じているサインです。

このサインを見逃さずに赤ちゃんに応えていきましょう。

つぎは赤ちゃんの状態を把握できたら、具体的な体温調節を行いましょう。

1.服装を意識してください。

人が暖かさを感じるのは肌と肌着の空気層の温度を感じていることと言われています。

想像してください。ダウンJKが温かいのは羽の入ったダウンパックが大きな空気層を作り、

冷たい空気が入リ辛く、熱が逃げない仕組みになっているからです。

肌と肌着の空気層の温度を調節するために重要なのが肌着。

【生まれたての赤ちゃんは大人より体温が高い】と言われることがあります。大人よりも体温が高いのは赤ちゃんが1歳に近づいてからのこと。

新生児の赤ちゃんは大人と同じもしくは1枚多いくらいがちょうどいいです。

2.汗に気をつける。

赤ちゃんはとにかく汗っかき。お腹・背中のたくさんの汗をかいています。

こまめな着替えや汗をしっかり拭いた上げることでお肌の表面を適切な温度・湿度に保ちましょう。

一般的な肌着に使われているコットンは天然の中でも水分をよく吸収しますが、放出することは乏しいです。

なので100%コットンの場合、特にこまめな着替えが必要です。肌の表面に吸収されない水分を放っておくと、あせもや肌トラブルの原因になります。

だいじょうぶ社ではオススメの赤ちゃん肌着としてキモノ型と

ロンパース型の2つを用意しています。

キモノ型は丈が短すぎず長すぎない形です。足が出ることもなく、長すぎて邪魔になることもありません。

生地の伸縮性が効いているので、動いてもめくれることも少ないです。

素材はシルクと、コットンをブレンドし両素材のよいところを持っています。

シルクの水分放出性とコットンの水分吸収力があり、まるで天然のエアコンのような役目をします。

特別な生地の作りをしていて、生地に凹凸があります。

凹凸は赤ちゃんへの肌の接触面積をなるべく減らし、空気層を大きく取るような設計で作りました。

赤ちゃんの肌の事を考えて作られたベビー肌着がだいじょうぶウェアです。

生まれてきてくれた感謝を込めてベビー肌着専用に作りました。

だいじょうぶ社では天然素材の持っている機能を生かした物作りをしています。

すべての人にだいじょうぶと言える物作りを目指しています。