ベビー石鹸を使った、赤ちゃんの洗顔方法とその手順。

2022年2月16日更新

赤ちゃんは成長スピードがとても早く、身長も体重も1ヶ月でまるで別人のように成長します。

つまり肌の成長速度も早くターンオーバーが最も活発な時期になります。
赤ちゃんが引っ掻いたりして傷が出来ても小さい傷は翌日には治っていたりするのはそのためです。
ターンオーバーは肌の代謝と言われ、古い角質が剥がれ落ち、新しい肌が生まれています。
そのためにも古い角質や老廃物をしっかり洗い落とす必要があり、毎日の洗顔・沐浴の際にはベビー石鹸が必要です。
正しい洗顔をして肌トラブルにならないようにしましょう。

この記事では、赤ちゃんの洗顔方法・手順を紹介します。
赤ちゃんの石鹸えらびに悩む方は、ぜひだいじょうぶ社の製品のご検討ください。

ベビー石鹸を使った洗顔方法と手順。

the difference between baby soap and ordinary soap

1.ベビー石鹸・ベビー用の洗顔料を泡たてネットなどで、事前に泡を作りましょう。事前に泡をつくっておくと、慌てなくて便利です。

泡立てネットは大人用のもので十分です。使用前・使用後にしっかり洗っていれば、ママやパパが使用するものを兼用しても問題有りません。

the difference between baby soap and ordinary soap

2.泡を皮脂・汚れの多い部分に乗せてください。

おでこ、鼻、あご(一般的に言われるTゾーン部分)を最初に洗います。

やさしく指のはらで洗いましょう。決して力を入れないようにしてください。

the difference between baby soap and ordinary soap

3.頬、口周り、耳の裏、下顎の順に洗いましょう。

耳の裏は忘れがちな場所なので忘れないようにしてください。

the difference between baby soap and ordinary soap

4.すすぎ水を使ってしっかりすすぎましょう。

しっかりすすぐことで、洗顔料を肌に残さないことを意識してください。

すすぎが甘いと肌に洗剤が残ってしまい、赤ちゃんの肌トラブルの原因になります。

すすぐ際には頭の上から下へ、すすぎ水をかけると反射的に赤ちゃんは目を閉じるます。

すすぐ際にはシャワーなどで直接かけることよりも、一度桶などですすぎ水をためて、手でかけてあげましょう。

シャワーは温度調節が難しかったり、急に水流が強くなったりします。

すすぎ水を優しく手でかけてあげることで、赤ちゃんも安心してくれます。


the difference between baby soap and ordinary soap

5.洗顔後は保湿剤を付けてあげましょう。

洗顔と保湿はセットでお考えください。

赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さしかありません。

そのため摩擦や乾燥など、少しの刺激で傷ついたり、肌が荒れたりするので、しっかり保湿をしましょう。

新生児に使う保湿剤は、肌への刺激が少ない赤ちゃん専用のものを使うと安心です。

赤ちゃん専用の保湿剤は、無添加や無香料のものが多く、赤ちゃんの肌への負担にならないように作られています。

大人用のものは、香料や保湿効果を高める成分が使われているものが多く、赤ちゃんには刺激が強いので使用は避けましょう。


しかし、汗っかきの赤ちゃんは自分の汗が原因で、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

赤ちゃんの肌に使うなら、赤ちゃん用のベビー石鹸がオススメです。

ベビー石鹸と普通の石鹸の大きな違いが、界面活性剤の量です。

石鹸に含まれている界面活性剤は、皮脂汚れを落としてくれます。
赤ちゃんの場合、大人用の石鹸では必要となる潤いを失い過ぎてしまうおそれがあるため、
界面活性剤が調整されたベビー石鹸が適しているのです。

そのほかにも、ベビー石鹸には皮膚を保護してくれる成分が配合されていたり、
保存料や香料などが無添加で作られていたりします。
赤ちゃんのやわらかな肌を保つため、
さまざまな工夫をして作られているのです。

だいじょうぶ社では、こだわりのベビー石鹸を販売しています。
着色料・香料・防腐剤などは無添加で、天然素材を使用して作っている石鹸です。
国産シルクから手作業で抽出した肌にやさしいタンパク質を使用しているため、低刺激で赤ちゃんの肌にも負担をかけません。
洗顔や、デリケートな部分にもオススメの商品です。

赤ちゃんの敏感なはじめての肌に、
ぜひだいじょうぶ社のベビー石鹸を選択肢てみてはいかがですか。

ベビー石鹸の種類について

About the types of baby soap

ベビー石鹸には、3つの種類があります。それぞれ特徴が異なるため、赤ちゃんに使うときの参考にしてみてください。

「液体タイプ」

一般的なボディーソープと同様に、
プラスチックなどのボトルに入っており、ポンプを押して適量を出して使用するのが液体タイプです。

泡立てネットなどで先に泡を作る必要があります。

「泡タイプ」

泡タイプのベビー石鹸はポンプの仕組みがほかのタイプと異なっており、
押すだけで泡がそのまま出てきます。

便利ですが、洗浄力とすすぐ時間をかける必要があります。

「固形タイプ」

泡立てが必要になりますが一方で、泡切れがいいため泡を洗い流しやすいというメリットがあります。
洗浄力は3つの中で最もあります。
石鹸の成分が肌に残らず、必要以上にこすったりすすぎ水をかけたりしないで済むため、
肌への負担をあまり心配せずに使用できます。コストパフォーマンスの面でも優秀です。

赤ちゃんの柔肌には、低刺激のベビー石鹸がオススメです。ベビー石鹸を選ぶ際は、
それぞれのタイプの特徴を押さえ、しっかり吟味して、選んでください。

だいじょうぶ社では、シルクフィブロインタンパク質を使った天然の洗浄成分が配合のベビー石鹸を販売しています。
肌を気にする方へおすすめです。

シルクタンパク質は22種類のアミノ酸で構成されています、
人のタンパク質も同じ22種類のアミノ酸で構成されています。
シルクと人のタンパク質は18種類のアミノ酸が同じです。

そのため人の肌への親和性が高く(肌への拒否反応が少ない)
赤ちゃんの肌、敏感肌の方にもご利用いただけます。

肌を気にする赤ちゃんのためにも、だいじょうぶ社のベビー石鹸をお選びください。

肌を気にする方へ、だいじょうぶ社のベビー石鹸をご利用ください!

会社名 合同会社iroiro
サイト名 だいじょうぶ社
住所 〒171-0051 東京都豊島区目長崎2-29-7-101
TEL 03-6316-0635
メールアドレス info@daijoubusha.com
URL https://daijoubusha.com/
問い合わせ方法 メールにてお願いします。1営業日中に返信いたします。